2017年03月29日

修了式

昨日、大学院の修了式がおこなわれました。今年も2年間がんばった学生たちが修了していきました。
今年は、ここ3年は、白坂研から受領代表が出ておりましたが、今年は、最優秀賞者がでました。(受領代表は、全体の修了式で塾長から修了証をうけとるのですが、最優秀賞はSDMの修了式で修了生代表の祝辞を述べます。)本当に毎年みんな頑張ってくれています。
この代は、入学日のガイダンスにおいて、「みなさんが現在考えている修了時の自分とは全く違う自分にして修了してもらえるように全力で指導をさせていただきます。」ということを宣言させていただいた代でした。この宣言は、教員としてはかなりきついゴールを自分で課していると思っています。学生全般のゴール設定が通常ですが、SDMの場合は、多様な人が来ますので、それぞれの目指すところもことなります。これがMBAなどとはかなり異なるところになります。個々人のスタートが異なる、ゴールが異なる、SDMでの活動に避ける時間が異なる。などなど、個々人の状況が大きくことなります。
努力をする人たちをどのようにしてさらなる高みに引き上げていくか。これを考えて、この代から実施した研究指導のアプローチが「アドバイスゼミ(ほぼゼミ)」です。
白坂研ではゼミを「ベースを高めるゼミ」と「研究を進めるゼミ」に分類してます。
「ベースを高めるゼミ」としては、「集合ゼミ」、「集中ゼミ」があります。「研究を進めるゼミ」としては「個別研究相談」、「アドバイスゼミ」などがあります。
「集合ゼミ」とは、いわゆるゼミ形式のもので、ほぼ毎週土曜日19時〜20時半に五百木研、白坂研合同で実施しているものです。みんなが集まり、発表等を中心におこないます。メソドロジーラボの多様な研究発表に対して、質疑応答を繰り替えすことでベースを高めることを目指します。過去の研究例を見ても分かる通り、本当に多様な研究があるのですが、これらの質疑を繰り返すなかから、どのような研究がきてもディスカッションができるようになってきます。
「集中ゼミ」は、4月〜5月の日曜日を5回(丸5日間)で1年の必修科目を総復習・総予習するというものです。M2にとっては1年かけてやってきたことをもう短期間で一度見直すことで、頭の整理になります。新M1にとっては、これから1年で学ぶことを先取りして学ぶことになります。そうすることで、全体感を持って学ぶことができます。さらに、夏合宿や外部向けのワークショップなどの支援を通じて、どんどんベースを高めることができます。
「研究を進めるゼミ」として、「個別研究相談」があります。これは、白坂がほぼ2週間に1度の頻度で、1対1で研究指導するものになります。白坂研には、自分なりの目標を持ってくる学生が多いため、教員が用意した研究をするというよりも、各人の問題意識、課題意識にあった研究をする場合が多く、個々の研究が大きく異なる場合が多いです。そういったこともあり、1対1で研究指導をします。最初のころは、どんな問題意識をもっているのか、どういった方向での研究に興味があるのかなどからスタートし、徐々に進めていきます。「アドバイスゼミ」では、2週間に一度、博士学生、修了生、特任教員とのディスカッションを通じて、同様に研究を進めていきます。つまり、学生にとっては、ほぼ毎週、誰かの指導を受けることが可能となります。やる気がある学生にとっては、どんどん研究を進めることができる環境を用意しました。
先日修了した学生で、白坂が指導した学生のテーマは、以下の通りとなります。(他の研究室の学生も混じっておりますが、慶應SDMでは、どの研究室の学生でも、どの先生にでも相談ができるというオープンな環境となっているためです。)

【技術システム開発関連】
  • データベース及び成熟度モデルを活用したリスク管理プロセス強化の枠組み 
  • 業務概念明確化のための参照モデル駆動型モデリングフレームワークの提案
  • 外部環境の変化を発注者が仕様に反映する仕様変更プロセス及び手法の提案
【社会システム関連】
  • 事業戦略における意思決定構造を可視化メタフレームワークの提案
  • 外国人観光案内所における来訪者の要求をふまえた提案をするためのフレームワークの開発
  • 農業6次産業化の計画プロセスにおける初期行動導出方法の提案
  • システムエンジニアリングを用いたイベント設計プロセス提案(五百木研)
  • 介護対策をサポートするシステムのアーキテクチャ設計〜親と離れて暮らす在日中国人を対象として〜(五百木研)
  • システムxデザイン思考を用いたブランディングのデザイン -ファッションブランドデザインを事例に - (前野研)
  • Visualizing Model of Customer Sufficiency Degree in Designing Private Life Insurance Product (当麻研)

今年度も多様な研究テーマで指導をする側も大変楽しむことができました。毎年、研究指導を通じて自分自身も成長することができております。今年修了した学生たちも、引き続き白坂研に関わりを持ってくれることを期待しております。



posted by しらぴー at 10:00| Comment(0) | SDM

2017年03月09日

「第4次産業革命クリエイティブ研究会」の公開報告会

「第4次産業革命クリエイティブ研究会」の公開報告会で、慶應SDMでおこなっているイノベーティブ思考教育を紹介させていただきました。
そのときのプレゼン資料は以下からダウンロードできます。


posted by しらぴー at 14:44| Comment(0) | デザイン思考

2017年02月23日

東洋ビジネスエンジニアリングの年次イベント「mcframe Day 2017」のオープニングトークライブ

2017年2月16日に、東洋ビジネスエンジニアリングの年次イベント「mcframe Day 2017」のオープニングトークライブでパネリストとして参加させていただきました。その時の様子がMONOistで記事になりました。

この記事だと、すごく日本のことを批判的にいっているように書いてありますが、ポイントは一番最後のところです。
とにかく、日本の製造業は勝てるだけの力を持っているのに、いくつかのポイントが足りないためにすごく残念な結果になっている。これはちょっと学び、がんばるだけで解決するところがあるので、そこに期待しているということなのです。
決して、日本がだめっていってるわけではありません。

SDMでは、それを信じて教育と共同研究をすすめているのです!

posted by しらぴー at 23:11| Comment(0) | IoT

2017年02月16日

3/25 慶應SDM主催公開ワークショップ「システムxデザイン思考による新価値創造を体験する」

これまで慶應SDMは新価値創造教育としてプロジェクトベースドラーニングを実施してきた背景から、数多くの新事業創出支援やイノベーティブ思考の研修を行ってきました。
今回は1日間のワークショップを通じて、いろいろな手法などのスキルセットと、それらをどのような思いをもっておこなうのかのマインドセットを頭で理解して、体感的に感じていただきたいと考えております。これらを通じて、多様性を活かしてイノベーティブに考えることを体験してもらいます。本ワークショップは、これまでにシスデムxデザイン思考のワークショップに参加したことのない方を対象にしております。 
日時:2017年3月25日(土)10時〜17時
場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス
受講費用:無料 
定員:50名(申し込み多数の場合は抽選となります)
申し込みは以下のURLから。
posted by しらぴー at 00:53| Comment(0) | デザイン思考

2017年02月15日

グローバル知財フォーラム

グローバル知財フォーラムにて、パネルディスカッションのモデレータをさせていただきました。パネルディスカッションのタイトルは、「新規事業創出に向けたデザイン思考とシステムの導入 〜価値ある知的財産の創出に向けて〜」でした。開始前は、知財とシステム思考やデザイン思考を繋げるのは簡単ではなんではないかと思ったのですが、実際は大変もりあがり、時間不足でおわってしましました。
16776140_1433542749991822_1414997982_o.jpg
配布資料に資料をいれれなかったので、ここからダウンロードできるようにしておきます。

posted by しらぴー at 22:31| Comment(0) | デザイン思考

2017年01月01日

2017年:新年明けましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

昨年も振り返りに書いた通り、いつものとおり、年初には想像してなかったような広がりのある1年となりました。今年もVUCA(Volatility:変動, Uncertainty:不確実, Complexity:複雑, Ambiguity 曖昧)な時代というのは、思い通りにしようとする人には、すごく辛い世の中かもしれませんが、予想外を楽しめるようになったら、これほどワクワクする日々はないですね。全てを予測し、計画し、そのとおりにいきていくよりも、毎日起こる思いがけない変化を楽しんでいきましょう。
そうすれば、2017年もきっと楽しめることでしょう
タグ:VUCA
posted by しらぴー at 00:00| Comment(1) | その他