2016年03月01日

修士論文

無事、修士2年生の修論審査会が終了いたしました。長いようでとても短い2年間でした。修士2年生うち、白坂・五百木研及び白坂がそれなりに指導をした学生の研究を簡単に書いてみました。
本当に多岐に渡るテーマでしたが、みんな単に分析するのではなく、何かを作り出すための方法論を研究してくれてとても楽しむことができました。更に、学生が頑張ってくれて、国際学会でもたくさん発表してくれました。



続きを読む
posted by しらぴー at 08:17| Comment(0) | SDM

2016年01月02日

白坂研在校生、OBへの新年のメッセージ

毎年、年の初めに、すべての白坂研の学生及び修了生(OB)に個別にメールで新年のメッセージを書かせていただいております。すでにそれなりの人数が修了し、更に在籍しているので、一人一人にメッセージを書くにはそれなりに時間がかかります。
しかし、例えば修了生へメールを書いているときは、「ああ、この学生はこうだったなぁ〜」とか、「この学生のときにこんなことをしちゃったなぁ。これは繰返しちゃだめだよなぁ〜」といったことや、「このとき、こうやってすごくよかったなぁ〜」とか「この学生がやった研究のここの部分は、今の学生のここに役に立つから読んでもらうのがいいなぁ」とかを考えたりします。良かったところ、悪かったところ、毎年同じようなことを繰り返し思い出すのですが、時々忘れてしまっていることもあり、再度、認識する上ですごく役にたっています。続きを読む
posted by しらぴー at 01:12| Comment(1) | SDM

2016年01月01日

2016年:新年あけましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

昨年も振り返りに書いた通り、やはり年初には想像してなかったような広がりのある1年となりました。これも毎年恒例になりましたが、過去の延長上にない未来というのは本当にワクワクしますね。Uncertaintyを楽しむことに慣れてきたようです!これは、最初は本当に心配をしてしまうのですが、慣れてきたら、これほど楽しいことはないです。逆に、予定通りに終わってしまうほうが面白くなくなってきましたね。でも、そのような環境に身を置けるのは本当にありがたいことだと思っています。

今年は何と言っても続きを読む
posted by しらぴー at 00:00| Comment(0) | SDM

2015年12月31日

2015年振り返り

毎年恒例の1年の振り返りです。慶應SDMに来てからは、これが楽しみで仕方が無いです。理由は、毎年、年初に想像した1年とは全く違う1年となっていて、自分でも想像できなかった自分に成長していることを実感できるからです。ですので、白坂研の学生には、入学時には想像もしてなかった自分になっているところまで成長してもらうことを目標に努力をしています。
さて、今年もこれまでのものをベースに更に自分をストレッチしてくれる1年でした。多くが年初には想像すらしてなかったことだったので、本当に楽しめた1年でした。
まず年初はTEDxUTokyoにスピーカーとして招いていただき、年末年始に準備をして話をさせていただきました。
続きを読む
posted by しらぴー at 07:58| Comment(0) | SDM

2015年12月29日

白坂研 研究室紹介

大変よく質問を受けるので、入試説明会等で使っている研究室説明資料を使って、白坂研の研究室紹介を簡単にします。
よく受験生や入学した学生からも「宇宙システム開発関係の研究しかしてないと思っていました」と言われるのですが、宇宙システムに関する研究はもちろんですが、いろいろな体系をつくる研究をおこなっています。

研究室名:
システムデザインメソドロジーラボ
特徴:
  • 経験的・曖昧なものの体系化
  • 狭い範囲を対象にやってみるだけでなく、(大変だけど)より広い範囲に適用できるよう一般化
  • “Analysis”(分析)よりも”Synthesis”(創る)
  • 技術系と非技術系がほぼ同じ数
  • 成果は国際学会や国際展示会で発表。更に実践!
ゼミ:
ヒューマンラボ(大)
  • 前野研、五百木研、白坂研合同
  • 毎週土曜日18時〜20時or20時〜22時
ヒューマンラボ(小)
  • 春の集中ゼミ(日曜日4〜5回で1年のコアを総復習・総予習)
  • 各種活動
個別研究指導ゼミ(一人当たり1時間)
  • 不定期開催(土曜日(M2)、日曜日が多い)
  • M2:ほぼ隔週、M1:2〜4週おき、その他On-demand
  • D:月一の博士ゼミ+On-demand
研究テーマ
  • 基本的には、本人のやりたいことを重視(持ち込みテーマOK)
  • 方法論の構築を目指すものであれば理文どちらもOK。分析だけの研究はあまりやりません。
  • 海外大学との連携、外部資金関連の研究テーマ多数のため、希望者募集中
  • M2で必ず国際学会等での発表!
Milano Salolne:プロトタイピング展示
APCOSEC
その他(IEEE Systems Engineering, CSD&M Asiaなど)



続きを読む
posted by しらぴー at 19:38| Comment(0) | その他

2015年12月28日

社会人学生

ときどき、「社会人が働きながら学べますか?」という質問を受けます。これは自信をもって「はい!」ということができます。実際、SDMとしても半分以上が社会人ですし、白坂研もかなり高い割合で社会人です。白坂研の場合は、どうしても「方法論をつくって、それを適用する」というテーマを設定しているため、経験のある社会人が多くなりがちというのものあります。これは、ただ何かをやってみるのではなく、それを体系化し、他の人が使えるものにまで昇華することを狙っているため、新卒だとかなりがんばらないと厳しいためかと思っています。(もちろん新卒もいます。がんばる新卒は十分ついていけます!)

では、なぜ社会人学生がやっていけるのか。
続きを読む
posted by しらぴー at 09:14| Comment(0) | SDM