2020年08月30日

「『Society5.0を目指したアーキテクチャセミナー』エグゼクティブセミナー」動画の公開

IPAが開催した「『Society5.0を目指したアーキテクチャセミナー』エグゼクティブセミナー」の動画が公開されました。
https://www.ipa.go.jp/ikc/seminar/20200114.html
このイベントは以下のような内容となっています。白坂は、パネルディスカッションでパネリストの一人として参加しております。
1. 挨拶 経済産業省 商務情報政策局 局長 西山 圭太 氏(当時)
2. 講演「Society5.0時代に求められるアーキテクチャの考え方」
(一社)日本経済団体連合会 会長 中西 宏明 氏
3. 講演「デジタル時代の日本企業の“戦い方”」
(株)経営共創基盤(IGPI)CEO 冨山 和彦 氏
4. 講演「アーキテクチャに基づく経営とは何か?」(同時通訳付き)
President, Vitech Corporation(President, INCOSE(2014-15))
Mr. David A. Long
5. パネルディスカッション
パネリスト:
(株)経営共創基盤(IGPI) CEO 冨山 和彦 氏
東京大学大学院 教授 松尾 豊 氏
慶應義塾大学大学院 教授 白坂 成功 氏
Toyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD) CEO
ジェームス・カフナー 氏
モデレータ:
経済産業省 商務情報政策局 局長 西山 圭太 氏
6. 挨拶
経済産業省 製造産業局 局長 田 修三 氏
(独)情報処理推進機構 理事長 富田 達夫

動画の一覧は以下です。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLi57U_f9scILBgAvX0qqnKEk1nmMB4-rN&fbclid=IwAR0il-Yn8qzzoBOVXaZMir7SVspMVI3uBbp0NRi-yuj9zHTWO3tcpNaVEkg&app=desktop
白坂が参加したパネルディスカッションは以下です。
https://www.youtube.com/watch?v=kP8Z5YtFtH8&list=PLi57U_f9scILBgAvX0qqnKEk1nmMB4-rN&index=7&t=2s
posted by しらぴー at 14:44| Comment(0) | その他

2020年08月21日

「こうのとり9号機」ミッション完了

「こうのとり9号機(HTV9)」も無事ミッションが完了しました。これでHTVシリーズは、ミッション成功率が100%という結果を残すことができました。HTVの設計に当初から関わらせていただき、人生の一部をそのために捧げた身としては本当に嬉しいです。HTVは、自分を育ててくれたプロジェクトであり、一緒に開発をした仲間(メーカー、JAXA、NASAなど色々ですが)は本当にいまでも信頼できる関係を続けることができています。



HTVでは、1号機だけでなくその先も含めてライフサイクルを考えながら、システムをトップダウン(安全を立証する必要がある)とボトムアップ(これまでの宇宙での実績を最大限に活用する)を統合しながら、設計をすることを初期の設計段階から経験させていただきました。初期の設計では、毎週末のようにその分野の専門家をまじえながら、少人数で集中設計をさせていただき、設計のコンセプトをかんがえることを鍛えられました。
特に衝突安全(HTV-009)(しらないひとには呪文ですね)をメインに安全設計をおこないました。その過程では、NASAの安全審査でCBCS(コンピュータ安全)の要求をつくったマーク・チルドレスとも議論させてもらいました。さらに、いまではSTAMP/STPAですっかり有名になったMITのナンシー・レブソンのSafewareの第三者検証も受け、さらにMIT Draper研究所の第三者検証もうけるました。本当にシステム安全では、設計し、試験し、立証し、運用でハラハラし、本当にいい経験となりました。まだ動いてないFDIR(故障を自律的に見つけて復帰する機能)もありますが、基本的には必要なものはうごいているかなと思っています。また安全設計の中から、階層化FDIRというアプローチを作れたのは、本当にいい経験となりました。このときの経験は、いまでも色々なところで活用できています。
また、分散シミュレーション技術(HLA)を活用して訓練用の分散シミュレータをNASAと共同開発しました。このときは実質的にプロマネ的に動かさせていただき、会計年度の異なるNASAと、うまく歩調をあわせながら、世界初のシステムを構築させていただきました。これは、JAXAのHTV開発の事後評価でも、大きくミッション成功に寄与したといっていただけ、さらにNASAではHTV以外にも活用をしているものとなっています。
大規模複雑で、ミッションだけでなく安全性設計、試験、運用まで経験させていただき本当に勉強させていただきました。
白坂はHTV2まででしたが、その後のミッションも関係者のおかげで無事成功となりました。本当にありがとうございました。
posted by しらぴー at 10:08| Comment(0) | 宇宙開発

2020年08月08日

軌道上低軌道からの直接無線伝送としては世界最高速度を記録!

ImPACTで開発し、革新的衛星技術実証1号機小型実証衛星1号機(RAPIS-1)を用いて軌道上の実証実験をおこなっていた通信装置ですが、軌道上低軌道からの直接無線伝送としては世界最高速度を記録しました。また、低軌道衛星からの256APSK方式の通信としては、公表されたものとしては世界初のものとなります。

以下に、慶應大学と東京大学からプレスリリースがでております。
https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2020/8/7/28-74231/

https://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/press/setnws_202008071031036724913159.html

また、日経新聞にも掲載されております。
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP538543_U0A800C2000000/
posted by しらぴー at 15:09| Comment(0) | ImPACT

2020年07月08日

「宇宙×暮らし・ヘルスケア〜宇宙視点から考えるこれからの暮らしと新規事業の可能性〜」

JAXAイベント「宇宙×暮らし・ヘルスケア〜宇宙視点から考えるこれからの暮らしと新規事業の可能性〜」にパネリストとモデレータとして参加いたしました。そのときの様子がyoutubeに公開されてました。
この分野は今後の広がりの可能性しか感じないですね。



posted by しらぴー at 09:38| Comment(0) | 宇宙開発

2020年07月03日

スマートシティアーキテクチャに関する講演

スマートシティインスティチュートのフォーラム「日本型スマートシティアーキテクチャの実装に向けて」でお話したものがビデオで公開されました。基調講演、パネル、全体総括に出させていただいております。
プログラムは以下です。
基調講演
パネルディスカッション
全体総括

スクリーンショット 2020-07-04 15.42.58.png
posted by しらぴー at 20:33| Comment(0) | スマートシティ

2020年06月24日

デジタル人材育成

NECと進めているデジタル人材育成について、プレスリリースが出ました。
SDMで教えているシステムxデザイン思考とシステムズエンジニアリング をベースに、ガバナンスイノベーションなどで話されているDXのようそなども交えてプログラムをつくっております。会社には強みやビジネスの方向性があるので、それらも加味して、「NECのデジタル人材」を育成できるように一緒に検討をすすめてきたものです。
慶應からのプレスはこちらから。
NECからのプレスはこちらから。

タグ:人材育成
posted by しらぴー at 23:22| Comment(0) | DX