2018年09月28日

日本におけるINCOSEのいうシステムズエンジニアリング教育のはじまり

8th International Systems & Concurrent Engineering for Space Applications Conference 
(SECESA 2018) に参加して、ImPACT関係で発表をしました。
白坂のシステムズエンジニアリング の歴史をたどると2000年になります。
2000年5月に今でいうところのエアバス(当時はダイムラークライスラーエアロスペース:DASA)に三菱電機から交換エンジニアとして派遣されました。そこで出会ったのが、当時の先端のシステムズエンジニアリング でした。現在はAirbus Defense and Spaceのデジタルトランスフォーメーション担当のVise PresidentをしているRal Hartmann氏からINCOSEを紹介され、夏には初めてINCOSEのInternational Symposiumに参加しました。1000人を超える参加者の中、日本人は一人。しかもINCOSEの会員としても日本人は1名(日本人としては2人目)でした。
Airbusでやっていたのは、いまでいうMBSE。当時はMBSEという言葉が一般的でなかったので、INCOSEでもまだ使われていませんでした。Airbusでは、Model based Develpment and Verification Environment (MDVE)と呼んでいました。MDVEの初期のアイデアはあったが、ライフサイクルを通じた要求を明確にするということを一緒にさせてもらいました。その活動の傍、INCOSEのSEハンドブックやSE標準を自分で勉強して、理解すること、自分がこれまでやってきたことを振り返ることをやりました。
今回の学会では、Ralf Hartmann氏にも会え、Sysmlを作り、改定にもかかわっているHarald Eisenmanにもあえ、さらに欧州宇宙機関ESAのConcurrent Design Facility (CDF)を作ったMassimo Bandecchi氏にもあえました。懐かしい。
JPLのConcept Design Methods ChiefのKelley Caseさんがセッションチェアだったので、名前を覚えてもらったのも大きかったですね。それだけでも来たかいがあります。
いまはMBSEという言葉が普通に議論されるところまできましたが、当時からすでに18年。新しいアプローチが本当に価値をもたらすようになるには時間がかかりますね。
確かに、2000年にINCOSEにいき、狼先生に紹介し、2004年から慶應の理工学部でSEを教え始め、その時の受講生がJAXAのSEプロセスをつくり、2008年にSDMができ、必修科目でSEを教える大学院ができたことを考えると、着実に進んでいるというのは確かだと思います。とはいえ、「MBDとMBSEは同じではない」というところから説明しないといけないのが世の中の状態なので、引き続き布教活動も必要ですね。
posted by しらぴー at 00:11| Comment(0) | その他

2018年09月24日

和ノベーション

ローランドベルガーの出している「NEWSLETTERS:THINK ACT」の【視点131号】に載せていただきました!
ローランドベルガーは、「和ノベーション」を推進するために国内で和ノベーションのための”武器”を持つ会社を”仲間企業”として集めています。慶應SDMの白坂研も「システムxデザイン思考」という方法論を持っている点を評価いただき、この仲間企業に入れていただいております。【視点131号】は「和ノベーションは意思と構想が起点」〜ユニークな武器を持つ仲間たち〜ということで、少し紹介をさせていただいております!
こちらからダウンロードが可能です!
posted by しらぴー at 10:52| Comment(0) | メソドロジーラボ

2018年09月19日

慶應SDM メソドロジーラボ主催「『SDMの基礎』公開集中講座」

慶應SDMの受験を検討している人に向けて「『SDMの基礎』公開集中講座」を開催いたします。
慶應SDM メソドロジーラボが4月〜5月に在学生・修了生・共同研究先に対して実施している集中ゼミを、慶應SDM受験を検討している人向けに無料で体験していただける集中講座を開催いたします。
3日間の集中講座となっており、この3日間を受けると、慶應SDMの 基本的な考え方のかなりの部分を知ることができるようになっています。
具体的には以下のような日程となっています。
・10/28(日)10時〜17時:システム思考
・11/4(日)10時〜17時:システムズエンジニアリング
・11/11(日)10時〜17時:システム×デザイン思考
(10/28 講座終了後には懇親会(懇親会は有料(実費)を行う予定です。SDMの在校生、修了生から色々と聞くことが可能です。以下にメソドロジーラボの学生が書いた論文一覧を載せます。気になる論文を書いた修了生に会えるかもしれません!)

現在のM1にも、昨年度のこの講座を受けた人が多くいます。また、入学に向けて、在校生や修了生に色々と相談をする機会もとれますので、本気で受験を考えている人にとっては、慶應SDMで学べる内容を知ることができるだけでなく、多くの情報を得ることのできるネットワークをつくることもできます。「働きながら学べるかなぁ〜」とか「社会人の中に混じって、新卒ができるかなぁ」と悩んでいる人は、そういう学生にぜひとも聞いてみてください。
慶應SDMの受験を考えていて、「もう少し慶應SDMがどんなところかを知りたいなぁ〜」と思っている人は、ぜひ申し込んでみてください!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちなみに、過去の修了生(白坂が定期的に研究指導をした学生)の論文テーマは以下のようになっています。
2016年度春修士生
【技術システム開発関連】
  • ガイドワードにより発見された制約違反に基づく設計判断を自己評価するプロセスの提案(五百木研)
  • 外部システムの変化を考慮したアーキテクチャの定量化比較手法の提案(五百木研)
  • 組織横断プロジェクトでの 情報流通構造把握のための ゴール構造表記法を活用した可視化手法(神武研)
【社会システム関連】
  • 日本の同族会社における後継者育成を支援するプロセスと方法
  • 情報 3軸表現と因果関係連鎖による衛星画像利用アイディ創出支援手法
  • 企業における健康経営のための能力成熟度モデルの提案
  • 企業理念浸透のための経営管理フレームワクの提案− マズロー欲求階層と多顧客価値連鎖分析を活用して−
  • 新規事業コンセプトの正当性確認・改善手法の開発
  • リーンスタートアッププロセスにおける価値提案を利用したピボット検討手法の提案
  • 企業統合における信頼性行動デザイン手法の提案
  • 集団内での役割認識によるストレス軽減手法の提案(五百木研)
  • 自己評価と他者評価による自己肯定感向上のためのプロセスと方法の提案(五百木研)

2015年度秋修士生
【技術システム開発関連】
  • An Adaptive Framework for Fault Detection, Isolation and Recovery Design of Micro Satellite Bus System by Considering Whole Life Cycle of SatelliteDevelopment
  • 外部環境の変化を発注者が仕様に反映する仕様変更プロセス及び手法の提案
【社会システム関連】
  • Enhancing Holistic Strategy Conceptualization for the Saudi Railway Sector – An Enterprise System Architecting Approach
  • Reality + Multi-Agent Simulator on Different Types of Jobs for the K-12 Education Program
  • 経験学習サイクルを駆動するための教訓導出力・教訓適用力を向上する手法の提案(五百木研)
  • 顧客のライフサイクルを考慮した営業活動プロセスに基づく知識活用方法の提案(五百木研)

2015年度春修士生
【技術システム開発関連】
  • データベース及び成熟度モデルを活用したリスク管理プロセス強化の枠組み 
  • 業務概念明確化のための参照モデル駆動型モデリングフレームワークの提案
  • 外部環境の変化を発注者が仕様に反映する仕様変更プロセス及び手法の提案
【社会システム関連】
  • 事業戦略における意思決定構造を可視化メタフレームワークの提案
  • 外国人観光案内所における来訪者の要求をふまえた提案をするためのフレームワークの開発
  • 農業6次産業化の計画プロセスにおける初期行動導出方法の提案
  • システムエンジニアリングを用いたイベント設計プロセス提案(五百木研)
  • 介護対策をサポートするシステムのアーキテクチャ設計〜親と離れて暮らす在日中国人を対象として〜(五百木研)
  • システムxデザイン思考を用いたブランディングのデザイン -ファッションブランドデザインを事例に - (前野研)
  • Visualizing Model of Customer Sufficiency Degree in Designing Private Life Insurance Product (当麻研)

2014年度修士生
【技術システム開発関連】
  • A Traceable Tests Identification Framework for Satellite Structural Development
  • Satellite Data Handling System Design for Architectural-Layer-Driven Verification
  • A Model-Based Systems Engineering Approach to Development of Attitude Determination and Control Subsystem for First Micro-Satellite in Vietnam (五百木研) System Design of Electrical Power Subsystem of Microdragon Satellite(五百木研) 
【組織システム関連】
  • 組織施策の目標と機能の構造化による測定項目導出方法の提案 ―中長期的成果を志向する活動の中間成果評価―

2014年度春修士生
【技術システム開発関連】
  • システム安全設計の質と伝達性を向上させる表記法の提案
  • 宇宙システムのレジリエンス評価のためのオントロジー構築(五百木研) 
【社会システム関連】
  • 協働がもとめられる未知の地方公共サービスを設計するための方法論と記述法
  • コーズ・リレーテッド・マーケティング(CRM)の導入容易性を高める設計手法
  • システムズエンジニアリングを用いた東京モーターショー2.0のデザイン
  • ソーシャルキャピタルの成熟度モデルの開発
  • 初期目標達成に向けた行動継続促進手法の提案
  • Urban Farm: Biological Business Ecosystem Design for Kaka’ako, Hawaii
  • CSV実践のためのコンセプト設計プロセスの提案(五百木研) 
【人材育成関連】
  • タンジブル・ラーニングとアナロジー的推論を用いた制作プロセスの提案と写真制作プロセスへの適用
  • 俯瞰と構造化のための思考フレームワークの構築

2013年度秋修士生
【システム開発関連】
  • 接点数及び接触関係性に基づく機械システムの静的複雑度と動的複雑度の提案
  • D-Case Templates for Effective, Efficient, and Traceable Thermal Design Process of Microsatellites
  • A Knowledge Management Framework by Modeling Knowledge Use Case Focusing on Systems Engineering Activities
  • Risk Management Process Framework to Capture Project Contexts and Decision Making Strategies
【組織関連】
  • 自動二輪車開発組織における企業改革プロジェクト立上フェーズのシステムデザイン

2013年度春修士生
【システム開発関連】
  • ユーザによる個性演出可能な超小型車両のための電気アーキテクチャ設計手法
  • 経営者視点からの情報システム開発評価手法
  • 要求仕様書の曖昧要求に対するリスク管理手法の提案
【人材育成関連】
  • GRCSEを活用し企業内要員に合わせたシステムズエンジニアリング 知識教育講座の設計方法
【社会システム関連】
  • 宇宙外交の計画フェーズにおいて有効な機能とその実現手法の提案

2012年度秋修士生
【イノベーション創出関連】
  • 価値と主観で評価・統合するアイデア収束手法の構築
  • 構造シフト発想法のデザインと有効性の評価
【業務・組織・人材育成関連】
  • アシュアランスケースを用いた業務の品質保証方法の提案
  • 持続的組織ナレッジマネジメントのための階層化知識継承・創造モデルの研究
  • 企業における目に見えない資本の価値を測定する方法論の構築
  • 国際標準化活動における交渉分析・戦略構築フレームワークの構築
【システム開発関連】
  • 大規模災害の発生直後に利用可能な衛星通信システムの設計

2012年度春修士生
【業務・組織・人材育成関連】
  • 多様性適応力の測定尺度の開発―日本ブラインドサッカー協会が実施するワークショップを題材にして
  • 訳語に頼らない英文法(時制)学習手法の構築
  • 組織文化と事業特性を考慮した開発プロセス標準のテーラリング手法の構築
【システム開発関連】
  • 超小型衛星開発における中小企業間協調利用型コンフィギュレーションマネジメントシステム
  • システムズエンジニアリングに基づくアシュアランスケース記述方法の提案―トレーサビリティの見える化と階層性を利用した段階的品質確認の実現―
  • 情報ライフサイクル上のUXを考慮した持続可能な運用システムの構築―中小企業ウェブサイトを実例として―
posted by しらぴー at 13:26| Comment(0) | SDM

2018年09月14日

「デザイン思考」がうまくいかないのはなぜか?―“システム×デザイン”思考のすすめ―

富士通総研で「「デザイン思考」がうまくいかないのはなぜか?―“システム×デザイン”思考のすすめ―」というタイトルで講演をさせていただきました。その内容を完結にまとめて記事にしていただきましたので、リンクしておきます。
決して「デザイン思考がダメ」ということを主張しているものはありません。うまく生かしていくことが重要ということをいっております。

残念ながら1時間という限られた時間のため、話したいすべてのことを話すことはできまていませんが、エッセンスはお伝えできているのではないかと思っております。


posted by しらぴー at 13:37| Comment(0) | デザイン思考

2018年08月15日

デザインプロジェクト最終発表

今年度のデザインプロジェクトの最終発表が終了した。
デザインプロジェクトは、システムxデザイン思考を、実際に企業が抱える課題に適用して学生チームがソリューションを提案するという慶應SDMの名物授業である。白坂は、スタンフォード大学とMITと一緒にこの授業を作り上げているときは、1教員として関係していたが、慶應が主体で実施するようになってからはメイン教員の一人としてずっと携わっている。今では一番長く、深く携わっている教員となった。
学生チームは、ギリギリまで考え抜いたソリューションを発表するのが最終発表で、そこで長かった5ヶ月のプロジェクトワークの最後(報告書をのぞいて)となるものである。
今年もいくつかいいポイントがあったので、今後の講演や授業で活用させていただく予定である。
集合写真と、1位と2位と3位の写真をのせておく。集合写真を見ても、誰が学生で、誰が先生で、誰がプロポーザー企業の方なのかがわからないのが面白い。
_DSC7251.jpg

_DSC7070.jpg
_DSC7017.jpg
_DSC6989.jpg

posted by しらぴー at 02:25| Comment(0) | デザイン思考

2018年07月26日

革新的衛星技術実証1号機で実証する通信機器についてのJAXAインタビュー

革新的衛星技術実証1号機で実証する通信機器についてのJAXAのインタビューをうけました。

これは、内閣府の革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の中で開発している高速ダウンリンク通信機です。
内閣府の革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)はこちら

例えば、災害発生時を考えると、災害の発生状況を把握するために人工衛星から撮影したデータを活用するのですが、そのデータが大きなサイズになってしまいます。もし通信速度が遅いと、それだけデータを下ろすのに時間がかかってしまいます。例えば、地球上の1つのアンテナと通信できる時間はせいぜい10分程度なのですが、その時間内に通信できないと、地球を一周回ってくるのを待つ必要があります。そこで、とにかく短時間で大きなデータを落とせる通信機が必要というわけです。
今回は、そのために開発した世界最速の通信機を実際に打ち上げて実証しようとするものになります。

posted by しらぴー at 19:48| Comment(0) | 宇宙開発