2017年08月01日

過去の修士研究テーマアップデート

2015年度秋の修士学生が修了しましたので、白坂が研究指導をした過去の研究テーマ一覧ををアップしてみたいと思います。
とにかく対象は多様ですが、方法論構築を目指しているという点で一致しています。
(最終的には手法やフレームワークに落とし込む場合もあります)
他の研究室の学生は、数回の指導ではなく、それなりにがっつりと指導させてもらったのものみを上げておきます。

2015年度秋修士生
【技術システム開発関連】
  • An Adaptive Framework for Fault Detection, Isolation and Recovery Design of Micro Satellite Bus System by Considering Whole Life Cycle of SatelliteDevelopment
  • 外部環境の変化を発注者が仕様に反映する仕様変更プロセス及び手法の提案
【社会システム関連】
  • Enhancing Holistic Strategy Conceptualization for the Saudi Railway Sector – An Enterprise System Architecting Approach
  • Reality + Multi-Agent Simulator on Different Types of Jobs for the K-12 Education Program
  • 経験学習サイクルを駆動するための教訓導出力・教訓適用力を向上する手法の提案(五百木研)
  • 顧客のライフサイクルを考慮した営業活動プロセスに基づく知識活用方法の提案(五百木研)

2015年度春修士生
【技術システム開発関連】
  • データベース及び成熟度モデルを活用したリスク管理プロセス強化の枠組み 
  • 業務概念明確化のための参照モデル駆動型モデリングフレームワークの提案
  • 外部環境の変化を発注者が仕様に反映する仕様変更プロセス及び手法の提案
【社会システム関連】
  • 事業戦略における意思決定構造を可視化メタフレームワークの提案
  • 外国人観光案内所における来訪者の要求をふまえた提案をするためのフレームワークの開発
  • 農業6次産業化の計画プロセスにおける初期行動導出方法の提案
  • システムエンジニアリングを用いたイベント設計プロセス提案(五百木研)
  • 介護対策をサポートするシステムのアーキテクチャ設計〜親と離れて暮らす在日中国人を対象として〜(五百木研)
  • システムxデザイン思考を用いたブランディングのデザイン -ファッションブランドデザインを事例に - (前野研)
  • Visualizing Model of Customer Sufficiency Degree in Designing Private Life Insurance Product (当麻研)

2014年度修士生
【技術システム開発関連】
  • A Traceable Tests Identification Framework for Satellite Structural Development
  • Satellite Data Handling System Design for Architectural-Layer-Driven Verification
  • A Model-Based Systems Engineering Approach to Development of Attitude Determination and Control Subsystem for First Micro-Satellite in Vietnam (五百木研) System Design of Electrical Power Subsystem of Microdragon Satellite(五百木研) 
【組織システム関連】
  • 組織施策の目標と機能の構造化による測定項目導出方法の提案 ―中長期的成果を志向する活動の中間成果評価―

2014年度春修士生
【技術システム開発関連】
  • システム安全設計の質と伝達性を向上させる表記法の提案
  • 宇宙システムのレジリエンス評価のためのオントロジー構築(五百木研) 
【社会システム関連】
  • 協働がもとめられる未知の地方公共サービスを設計するための方法論と記述法
  • コーズ・リレーテッド・マーケティング(CRM)の導入容易性を高める設計手法
  • システムズエンジニアリングを用いた東京モーターショー2.0のデザイン
  • ソーシャルキャピタルの成熟度モデルの開発
  • 初期目標達成に向けた行動継続促進手法の提案
  • Urban Farm: Biological Business Ecosystem Design for Kaka’ako, Hawaii
  • CSV実践のためのコンセプト設計プロセスの提案(五百木研) 
【人材育成関連】
  • タンジブル・ラーニングとアナロジー的推論を用いた制作プロセスの提案と写真制作プロセスへの適用
  • 俯瞰と構造化のための思考フレームワークの構築

2013年度秋修士生
【システム開発関連】
  • 接点数及び接触関係性に基づく機械システムの静的複雑度と動的複雑度の提案
  • D-Case Templates for Effective, Efficient, and Traceable Thermal Design Process of Microsatellites
  • A Knowledge Management Framework by Modeling Knowledge Use Case Focusing on Systems Engineering Activities
  • Risk Management Process Framework to Capture Project Contexts and Decision Making Strategies
【組織関連】
  • 自動二輪車開発組織における企業改革プロジェクト立上フェーズのシステムデザイン

2013年度春修士生
【システム開発関連】
  • ユーザによる個性演出可能な超小型車両のための電気アーキテクチャ設計手法
  • 経営者視点からの情報システム開発評価手法
  • 要求仕様書の曖昧要求に対するリスク管理手法の提案
【人材育成関連】
  • GRCSEを活用し企業内要員に合わせたシステムズエンジニアリング 知識教育講座の設計方法
【社会システム関連】
  • 宇宙外交の計画フェーズにおいて有効な機能とその実現手法の提案

2012年度秋修士生
【イノベーション創出関連】
  • 価値と主観で評価・統合するアイデア収束手法の構築
  • 構造シフト発想法のデザインと有効性の評価
【業務・組織・人材育成関連】
  • アシュアランスケースを用いた業務の品質保証方法の提案
  • 持続的組織ナレッジマネジメントのための階層化知識継承・創造モデルの研究
  • 企業における目に見えない資本の価値を測定する方法論の構築
  • 国際標準化活動における交渉分析・戦略構築フレームワークの構築
【システム開発関連】
  • 大規模災害の発生直後に利用可能な衛星通信システムの設計

2012年度春修士生
【業務・組織・人材育成関連】
  • 多様性適応力の測定尺度の開発―日本ブラインドサッカー協会が実施するワークショップを題材にして
  • 訳語に頼らない英文法(時制)学習手法の構築
  • 組織文化と事業特性を考慮した開発プロセス標準のテーラリング手法の構築
【システム開発関連】
  • 超小型衛星開発における中小企業間協調利用型コンフィギュレーションマネジメントシステム
  • システムズエンジニアリングに基づくアシュアランスケース記述方法の提案―トレーサビリティの見える化と階層性を利用した段階的品質確認の実現―
  • 情報ライフサイクル上のUXを考慮した持続可能な運用システムの構築―中小企業ウェブサイトを実例として―


タグ:修論
posted by しらぴー at 01:44| Comment(0) | SDM

2017年07月31日

SportsX

昨年に続き、今年度も「SportsX Conference」を無事開催することができました。
今年は、別プログラムの大きなイベント準備と重なってしまい、ほとんど貢献ができなかったのですが、富田先生、橋口先生、その他の多くの方々のご支援のおかげで無事修了することができました。

今年のカンファレンスは、昨年のカンファレンスからセッション数も、参加者数も大きく増えました。
セッション数は、21から41に、参加者数は、381人から903人へと大幅に増えました。
登壇いただいたスピーカーの方は、全部で70名強となりました。富田先生、橋口先生がそのネットワークを駆使して検討・調整・ご依頼させていただきました。そして、多くの登壇者の方々が、その狙いや思いに共感いただき、大変お忙しい中、時間を作って参加してくださいました。そのテーマの幅の広さは、他に類をみないものであると思っております。
 
人材育成、ビジネス、社会価値、東京2020、パラスポーツ、まちづくり・地方創生、AI等のテクノロジー、安全性、チーム強化、キャリアサポート、スタジアムアリーナ、リーグ経営、インテリジェンス、用品開発、栄養、育成、アスレチックトレーナー、スポーツファイナンス、健康経営、ボランティア、NCAA、企業スポーツ、eスポーツ、等々・・・

参加してくださってみなさま、お手伝いしていただいたみなさま、そして、主催者側で頑張ってくださった先生がた、本当にありがとうございます。
クロージングで橋口先生がお話されたように、これで終わることはできませんので、引き続き頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

posted by しらぴー at 15:34| Comment(0) | SDM

2017年07月03日

慶應SDM メソドロジーラボ主催「『SDMの基礎』公開集中講座」

昨年度開催し、大変多くの方に申し込みいただいた公開講座を今年も開催いたします。
今年はなんと2回開催となります!慶應SDMに興味があるけど、どんなところかよくわからなくて悩んでいる方は、ぜひとも受けてみてください!これまで慶應SDMのワークショップに参加したことない方、4回(あるいは3回)のすべてに参加可能な方を優先いたします。

【概要】
慶應SDM “システムデザイン・メソドロジーラボ”が4月〜5月に在学生・修了生・共同研究先に対して実施している集中ゼミを、慶應SDM受験を検討している人向けに無料で体験していただける集中講座を開催いたします。4日間(第1回目)、3日間(第2回目)の集中講座となっており、これを受けると、慶應SDMの基本的な考え方のかなりの部分を知ることができるようになっています。
【日時】
第1回目(4回1セット)
  • 9月23日(土)10時〜17時
  • 9月24日(日)10時〜17時
  • 9月30日(土)10時〜17時
  • 10月1日(日)10時〜17時
第2回目(3回1セット)
  • 11月5日(日)10時〜17時
  • 11月12日(日)10時〜17時
  • 11月19日(日)10時〜17時
また初日は懇親会を開催予定です。
【場所】
慶應義塾大学日吉キャンパス
【参加費】
無料
【定員】
50名

申し込みは、約1ヶ月ほど前から、慶應SDMのWebサイトにて受付を開始します。
今のうちに予定を開けておいてください!
posted by しらぴー at 22:16| Comment(0) | SDM