2014年03月29日

2013年度慶應SDM謝恩会

2013年度の修了生による謝恩会が行なわれました。今年もまたいい仲間として研究だけでなく、いろいろなことをやってきた学生が修了となりました。2012年度入学生の白坂研も本当に多様な研究があり、たいへん楽しい2年間を過ごすことができました。
SDM代表として修了証を受け取った学生は、ナレッジマネジメントをシステム的にとらえる研究でした。イノベーティブ思考のための枠外思考である「構造シフト発想法」の研究や、収束技法の研究をした学生、システムアシュアランスの考え方を業務プロセスに適用し、実際に自分の会社で実践した学生、国際標準化の場をどのように捉え、戦略的に対応をするためのフレームワークを作り上げた学生、災害発生直後に安否を確認できるようなシステムをデザインした学生、そして、企業の非金銭価値を評価するための方法論を考え出した学生、本当に多様な研究をみんなやってくれて、しかもたいへんいい結果を残してくれました。
謝恩会では、他の研究室の学生もみんなたいへん良い顔をしていました。これからの人生において、SDMで学んだことをぜひとも一杯いかしてくれればと思います。

DSC00799.jpg
posted by しらぴー at 09:48| Comment(0) | SDM
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: