2014年01月18日

WOCSカンファレンス


Workshop on Critical Software and System(WOCS)は、JAXAとIPA SECが共催しているクリティカルソフトウェア&システムのカンファレンスです。毎年開催されており、今年も1月16日、17日にお茶の水のソラシティで開催されました。毎年1日目は、クリティカルシステムの実践や研究の第一人者の方に講演をしていただいています。今年も、ソニーコンピュータサイエンス研究所の所先生をはじめ、MRJの品質担当の方、システムアシュアランスを研究されている産総研の方などのお話をきかせていただきました。特に、今年はSafety&Securityということで、安全性とセキュリティをテーマとしており、電気通信大の新先生や産総研のセキュリティ研究者の方のお話をきくことができました。
また、2日目は、一般発表ということで、一般から投稿され、査読を通った方々の発表をきくことができました。白坂は安全性セッションのセンッションチェアということで、安全性セッションの発表をすべて聞かせていただきました。また、毎年と同様に発表を審査させていただき、最優秀賞を選定させていただきました。今年度のWOCSはいい発表が多く、審査委員の評価も接線で、最優秀賞を選ぶのに大変苦心して選びました。
来年度のWOCSも大変楽しみです。
posted by しらぴー at 16:32| Comment(0) | 安全性
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: