2014年01月01日

2014年:新年明けましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は、年初には全く思っていない方向にどんどん進んでいきました。
そのおかげで研究の一つの大きな柱が出来上がりました。本当に、前野先生、保井先生をはじめとして、多くの常勤/非常勤の先生及びSDMの学生の方々のおかげです。

今年もきっと、今思っているのとは全然違う方向にのびていくんだと信じています。そのほうが楽しいですよね。そのためには、今年と同様に、一緒にいろんなことをしてくれる仲間が大切です。今年もがんばって、信頼できる仲間を増やして、一緒に楽しい1年にしていきたいと思っています。

今年も1年間よろしくお願いいたします。


と、実はここまで、2013年1月1日に書いた内容でした。
去年1年間、本当に想いもしなかったことをたくさん経験し、そして広がりがあったと思ったのですが、全く同じことを去年思い、ほとんど同じことを今年も思っているというところは変ってないんですね。
なんか、根本的なところが変らず、具象化されているところが全く違うところが本当に面白いです。
2015年1月1日にも全く同じことを感じられるように、今年1年もがんばっていきたいと思います。

今年は、これまでのイノベーティブ思考をますます極め、システムxデザインの考え方をどんどんと深化させていきたいと思っています。そのためにもワークショップもやりますが、実際の結果に繋がる実践もどんどんとすすめていきたいと思います。もちろん、システムズエンジニアリングもどんどんと広めていきます。2013年にはいろいろな企業から声をかけていただきました。まだまだ研修が多いですが、こちらも実践に移していきたいと思っています。そして、慶應SDMとしては、2014年度にマネジメントに力をいれます。すでに新しい授業の構想も進んでいて、ますますこの分野をリードする大学院になっていきたいと思っています。
もちろん、宇宙工学もどんどん進めます。慶應SDMとしては、決してドメインスペシフィックな大学院ではありませんが、白坂のドメインとして宇宙工学がありますので、こちらもどんどん進めて、結果もだしていきます。

2014年も、昨年に増して皆様のお世話になると思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。
posted by しらぴー at 03:10| Comment(2) | その他
この記事へのコメント
システムという用語に接したのは1968年でした。大学を卒業して次にチャレンジするべきことは何かを考えている時でした。それから既に46年。色々と回り道をしたきとがreturn to the basicsになっています。ことしの新しいチャレンジです。
Posted by 新谷勝利 at 2014年01月01日 10:48
新谷さん、
ぜひともいろいろとご一緒させていただければと思っております。
特に、今のシステムはとても広範囲化・複雑化し、更にSystem of Systemsのようなタイプのものも生まれて来ており、これまでのやり方ではカバーできなくなってきております。ぜひともお力をお貸しください!
Posted by しらぴー at 2014年01月03日 13:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: