2013年07月09日

第10回、11回SDM序論

第10回と第11回は組織システムのシステムデザインを実施しました。具体的には、エネルギーソリューションを提供する会社の組織を、コンテクスト分析によりシステムの範囲の明確化を実施し、ユースケース分析で振舞を明確化したのちに、機能抽出を実施。その後、アーキテクチャ設計として、機能設計と物理設計の実施をしています。
第10回では1.5時間を使って、組織のシステムデザインをしました。それなりに大きな自由度をわざと残しておいたため、各チームとも違ったビジネスでお金を稼ぐ組織のデザインをしてきました。

2013-06-22 10.08.11.jpg

2013-06-22 10.08.20.jpg

第11回では、合併統合のデザインをおこないました。隣のチームがデザインした会社と、自分たちがデザインした会社が合併することになったというお題を設定し、新しい会社の組織をデザインしてもらいました。
同じエネルギーソリューションを提供する会社ですが、第10回でデザインされた会社がそれなりに異なっているため、結果的にそれなりに異なった会社組織システムとなっていました。これらをどのように統合した会社組織をデザインするのか。これにシステムズエンジニアリング的な考え方を適用していくこととなります。
慶應SDMには、MBAを持っている学生や、会社を実際に経営している学生なども多いのですが、そういった学生もシステマティックな組織デザインのやり方をかなり楽しんでいただけたようです。
2013-06-22 10.08.53.jpg
2013-06-22 10.09.05.jpg
posted by しらぴー at 14:36| Comment(0) | システムズエンジニアリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: