2021年01月01日

2020年の振り返りと2021年新年のご挨拶

みなさま

新年明けましておめでとうございます。旧年中は本当にお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

旧年中は、本当に大変多くの方々にお世話になりました。そして、多くの方々との繋がりの中から、新たなことに挑戦する機会をいただくことがでいました。その結果として、年初には想像もしてなかったことを経験することができています。想像もしてなかったことが起きるということを想定するという不思議な感じではありますが、やはりそれは例年通りでした。2020年はなんといってもCOVID-19の影響がとても大きかったですね。予定していた多くのものが中止になったり、オンラインで実施しなくてはならなくなったりしました。一方で、オンラインでしかできないことをたくさん経験することもできました。オンラインの得意/不得意、オフラインの得意/不得意を体感的に理解することができました。

自分としては、昨年は大きく5つの柱が動き出した年となりました。もちろん、これら以外のも多くのことがあったのですが、5つをピックアップしてみました。

一つ目は、IPA内に設立したデジタルアーキテクチャ・デザインセンター(DADC)です。DADCには、ファナック副社長の斎藤センター長を迎え、実働をはじめました。DADC関係では、立ち上げ・運用にかかわってくださっている経産省の方々、IPAの方々、そして、色々な企業からきてくださっている出向者の方々、有識者の方々、本当に多くの人たちに支えていただき、一歩ずつ進めることができはじめててきました。また、DADC関係の活動として、関連のイベントへの登壇、産業のアーキテクチャをデザインするということに関する講演等も本当に多数おこなってきました。もちろん、人材育成でも新たな取り組みをさせていただきました。実際に新産業のアーキテクチャをデザインするという活動に伴走しているのも大変いい経験となっています。想像通り、簡単ではないですが、しかしながらこういうことをやっていくことも重要です。これは今年も継続していく活動となります。今年は、昨年よりもさらに多くの方々にご支援いただきながら進めることになるかと思います。
http://sdm.sblo.jp/article/187492497.html

二つ目は、スマートシティに関する活動です。スマートシティやスーパーシティでは、住民起点で全体像を考えること、その上で、実装していくことが必要となります。その大きな方向性としてのアーキテクチャとして全体像を構想する必要があります。昨年度末、つまり今年のはじめに、SIPでスマートシティリファレンスアーキテクチャが作られました。これを活用してアーキテクチャを実装していくため、”アーキテクト”が必要となります。このため、多くの自治体や民間企業が入っているスマートシティ・インスティチュートのエグクティブアドバイザーにしていただけました。その関係で、多くのスマートシティ関係のイベントにも登壇させていただきました。今後、アーキテクトの育成、スマートシティ/スーパーシティの実装を色々なか方と実践していきたいと思います。
http://sdm.sblo.jp/article/187492491.html

三つ目は、宇宙ベンチャーSynspective社に関する活動です。2015年に内閣府ImPACTプログラムのプログラムマネジャーに選ばれ、約3年半にわたり小型SAR衛星のための技術開発をおこないました。この技術を実際に社会実装するために2018年にSynspective社を創業し、資金調達をおこない、衛星の開発を進めてきておりました。そして、2020年、実証1号機をうちあげることができました。そしてこれから、実証1号機を活用していきます。さらに実証2号機の打ち上げにむけて開発を進めていっています。今年は、データを活用したサービスの開発と、次の衛星開発を同時にすすめていくことになります。
http://sdm.sblo.jp/article/188258051.html
すでにSynspective社は100名近くまで仲間もふえており、衛星データを活用して社会に貢献すること目指してみんなでがんばっております。

四つ目としては、オンラインを活用した学びの提供です。全ての授業をオンラインでする必要がでてきたため、年明けから教員で検討と実験を重ね、4月からの授業をオンラインで提供しはじめました。その中には、プロジェクトベース学習でシステムxデザイン思考を学ぶデザインプロジェクトもはいっていました。これのオンライン化は本当に大変でした。そしてもちろんシステムズエンジニアリングの基礎をグループワークを中心に学ぶSDM序論もオンラインで実施しました。これらの知見からワークショップをオンラインで実施できるようになったことが大変大きなものとなりました。この経験から、システムxデザイン思考もシステムズエンジニアリングもグループで学ぶワークショップをすべてオンラインで実施できるようになりました。まさにNew Normalを体感したものとなりました。プレスリリースもしたNECのDX人材育成にもこのノウハウが存分に生かされています。
http://sdm.sblo.jp/article/187549380.html
http://sdm.sblo.jp/article/187644781.html

そして五つ目としては、Space Biz for SDGsの活動です。内閣府 宇宙政策委員会 基本政策部会で 石田 真康 委員と一緒に「Space Biz for SDGs」の立ち上げました。石田さんとは、オンラインで何度もやり取りさせてもらいながら、「宇宙」を活用して、社会経済課題を解決し、新たな市場創出と資本流入を促進する(つまり、ビジネスとして成立させる)ための活動です。色々な宇宙関連の企業・組織がSDGsにつながることを言ってますが、なかなか本当のビジネスに繋がっていっていないということもあり、CSRとしておこなうのではなく、実ビジネスにしていくことを目指してはじめている活動になります。賛同してくださる企業さんからシーズの提案をいただき、実際にニーズをもっている方々と議論をはじめました。今年はニーズとシーズとをつないでいき、POCから実装に向けた活動をおこなっていきたいと思っています。
http://sdm.sblo.jp/article/188272114.html

今年も上記のような昨年の活動を踏まえ、さらに想像を超えた1年となるように頑張って行きたいと思います。

最後に、白坂研の5つのコンセプトを書かせていただきます。この研究室のコンセプトに賛同してくださった多くの人たちと、さまざまか活動を行っていく予定です。
・「やらなかった」ことを後悔しないために、やれることは全部やる
あとから、「ああ、やっとけばよかった」と後悔しないためにも、「やりたいと思った」こと、「やれる」ことは全部やるということを目指します。これまでも、「“Yes” or “はい”」、「倒れるときは前のめり」といったゼミの標語がありましたが、これは要するにこういうことをさしています。例えば、大学院に通ってみる、論文を書く、なかなか思っても手が動かないかもしれませんが、それでもそれに向けて一歩踏み出すのはどうですか?

・入学前には思いもよらなかった自分に。
これも以前から言っていますが、「入る前に考えていた自分」と「出るときに感じる自分」との差を最大化することを目指して頑張ります。これは、ゴールを設定するのではなく、変化の傾きを最大化することだけを目指し、到達点は最後に見るものということをアプローチとしています。到達可能なゴールを設定するなんて、自分の能力の限界を先に決めてしまっているようで勿体無い!修了した方は、同じ思いで次のことに挑戦してみてください。

・常に「無知の知」を意識する
多様な人の集まる環境にいるからこそ実感できますが、自分がいかに限られた範囲のことしか理解できていないのかを常に意識することを目指します。他人のことを「間違えている」と思ったら、「もしかしたら、自分はその人のいうことを全ては理解できていないのではないか」と疑うことから始めることを指します。自分と違う人のいうことを100%理解することは不可能です。なので、自分がわかっていない可能性を常に考える。そんな思いをもっていつも多様な人と接する必要が重要ですよね。

・受けたものは次へ渡す
よく、ゼミの学生からお礼を言われます。もちろん、それは純粋に嬉しいです。でももっと嬉しいのは、自分が受けたものを、次の人に提供してくれることです。それがつながっていけば、一人では到底与えることができない範囲の人たちにいろいろなものを提供できるようになります。それがつながっていくことこそがエコシステムです。ぜひSDMで受けたものは、SDMの後輩、外部の人にどんどんと提供していってもらえればと思っております。

・頭を使って貪欲に学ぶ
どんなことからも学ぶことができます。せっかくなら、生きている時間全てをみなさんの成長の機会として欲しいと思っています。「それ知ってる」と思った瞬間に何も得られません。知っていることだと思って、さらにそこから深く考え、新たな何かを掴み取る。これが白坂研のとる立場だと思っています。本を読んでも、それをそのまま受け取るのではなく、頭を使って自分の考えを通じて受け取る。そうしようとすることでより多くのことを学ぶことができます。


長くなりましたが、今年も上記のような思いをもって頑張っていきたいと思っております。本年も1年間、よろしくお願いいたします。
posted by しらぴー at 01:00| Comment(0) | 白坂研
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: