2022年11月19日

日本創造学会 第44回研究大会での発表タイトル

11/13におこなわれた日本創造学会 第44回研究大会での発表において、以下のタイトルで白坂研関係者が発表いたしました。
・新たな料理の発想を支援するアーキテクチャフレームワークの試行
・課題起点ではなくビジョン起点によるワークショップの提案
・嗅覚低下への関心誘起から嗅分行動を促す体験の設計手法の提案
・ゼロトラストとトラストに関する一考察
・システム×デザイン思考を用いた本物のブランディング
・DEOSプロセスに沿った不確実性対応の訓練方法の提案
・シーズ起点でのアイデア創出ワークショップ設計手法:衛星データソリューション創出を主題とし
・つながりを形成するきっかけとしての自己開示と類似性の認知促進ツールの提案
・オンライン環境とオフライン環境を想定したプロトタイピング設計の分析
・ビジネスイノベーションを目的としたファシリテーターに依存しない対話型鑑賞法
posted by しらぴー at 01:13| その他

デジタル人材イノベーションチャレンジ2022

今年も、デジタル人材イノベーションチャレンジ2022の最終発表会が終了いたしました。
このイベントは、2018年に「IoTイノベーションチャレンジ」としてスタートし、その後、「DXイノベーションチャレンジ」を経て、「デジタル人材イノベーションチャレンジ」へと進化してきました。とにかく、この手のものに多い”コンテスト”要素よりも、”人材育成”に焦点をあてたものになっています。
多彩な研修プログラム、ワークショップおよび複数回のメンタリングを通じて、デジタルを活用した新価値創造のアプローチを学ぶものとなっています。
今年の決勝大会もいい発表ばかりで大変もりあがりました。来年もますます多くの皆さんの参加をお待ちしております。
https://innovation-challenge.biz/

スクリーンショット 2022-11-19 0.30.42.png
タグ:人材育成
posted by しらぴー at 00:43| システムxデザイン思考

2022年11月14日

日本創造学会 第44回研究大会

白坂が大会委員長を務めさせていただいた日本創造学会 第44回研究大会が2022年11月12日(土)と11月13日(日)の2日間にわたって、慶應義塾大学日吉キャンパス とオンラインのハイブリッドで開催されました。日吉の並木道のイチョウは少し黄色くなり始めていました。
スクリーンショット 2022-11-18 23.55.27.png
今回のテーマは「創造性で実現するWell-Beingな社会」。大会委員長の白坂が簡単にこのテーマとした理由をお話ししました。
PIC01435.JPG
大会初日は、デジタル庁統括官 村上敬亮氏による「デジタル田園都市国家構想の実現とWell-Beingについて」という基調講演と、南雲岳彦氏(スマートシティ・インスティテュート専務理事/三菱UFJリサーチ&コンサルティング専務執行役員)、高尾真紀子氏(法政大学大学院政策創造研究科教授)、前野隆司氏(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)をお迎えして、白坂がモデレータをおこなったパネルディスカッションをいたしました。
PIC01612.JPG
2日目は、日吉の会場で3部屋(ハイブリッド)、オンラインで2部屋の研究発表と、オンラインで1部屋のデジタルポスター発表をパラレルでおこないました。
大変多くの方がに支えられながら、大きな問題なく、無事2日間のイベントを終了することができました。
白坂研からも10件の発表があり、大変充実したものとなりました。
http://www.japancreativity.jp/conference/44th/index.html

大会報告はこちらから
http://www.japancreativity.jp/images/magazine/20221214.pdf
posted by しらぴー at 00:06| システムxデザイン思考