2020年01月12日

SDGsワークショップ

白坂研が行うワークショップは、ここ数年SDGsをテーマとしておこなっているものが多くあります。また、2018年からは、学生たちにワークショップをデザインしてもらう授業でも、SDGsをテーマとしています。これは、SDGsの中から、どのゴールに着目するかも学生たち自身が決めます。そこからワークショップのゴールを自分たちで設定(例えば、深く知ってもらうのか、達成のための活動を考えてもらうのかなど)し、ワークショップをデザインし、告知をつくり、人を集め、実際にワークショップをします。(もちろん、授業としては振り返りもします。)
2018年度は、以下の3つのワークショップを学生がおこないました。
・「目標11:住み続けられる町づくり」をテーマとしたワークショップ
 横浜を盛り上げるイベント・サービスの アイデア創出ワークショップ
・「目標12:つくる責任使う責任」をテーマとしたワークショップ
 共感からはじめるSDGsワークショップ
・「目標14:海の豊かさを守ろう」をテーマとしたワークショップ
 海の豊かさを守るためのアイデア創出ワークショップ
2019年度は、受講者が多く、以下の5つのワークショップを学生がおこないました。
・「目標11:住み続けられる町づくり」をテーマとしたワークショップ
 三世代が交流する街を目指して
・「目標12:つくる責任使う責任」をテーマとしたワークショップ
 フードロス問題解決のヒントを探るワークショップ
・「目標12:つくる責任使う責任」をテーマとしたワークショップ
 『捨てない未来を考える』SDGsワークショップ〜身近な包装から環境問題を考える〜
・「目標4:質の高い教育をみんなに」をテーマとしたワークショップ
 学び発見ワークショップ
・「目標10:人や国の不平等をなくそう」をテーマとしたワークショップ
 多様性を知るSDGsワークショップ
今年度も同様に実施するので、また6月〜7月に実施いたします。SDMのイベントページで募集案内をしますので、興味がある人はよろしくお願いします。

そして、現在はJICA Innovation Questを支援中です。略量を「ジャイクエ」といいます。ジャイクエは、JICAのメンバーと、それ以外の組織のメンバーがチームをつくり、従来の枠組みにとらわれない新しい国際協力のアイデアを生み出すオープンイノベーションのプログラムです。
詳細は以下にのってます。
posted by しらぴー at 17:00| Comment(0) | SDGs

2020年01月06日

イノベーションのためのワークショップデザイン論

慶應SDMでは、”システムxデザイン”思考を使った新価値創造・課題解決を教えています。”システムxデザイン”思考のシステム思考部分として重要視している点の一つが「思考の流れをデザインする」というアプローチです。これは、自分たちのチームの思考の流れをデザインしながら進めることで、イタレーティブなプロセスに目的思考性を入れることになります。慶應SDMに入ると「デザインプロジェクト」という必修科目の授業でこれを身につけることをおこないます。
そして、これを学んだ人の次のステップがあります。それは、「イノベーションのためのワークショップデザイン論」という授業になります。これは、自分たちの思考の流れではなく、ワークショップ参加者(他人)の思考の流れをデザインする授業となります。正確には、ファシリテータとワークショップデザイナー(ワークショップをデザインする)は別の役割ですが、多くの場合はここを同一の人がやります。そうすると、ワークショップデザインがうまくいってなくても、その場のファシリテーションテクニックに頼ってなんとか回してしまうことが起きたします。しかし、大きなワークショップなどではこれが出来ないのと、あとはファシリテータがチームのワークに介入することで、ファシリテータのバイアスがチームのアウトプットに影響を与えてしまうことがあります。これを避けるためには、きちんとワークショップをデザインし、なるべくワーク中の介入をすることなく、ワークショップを進めることです。そのための考え方、ワークショップのデザイン法、自己評価を教え、それを実際に繰り返しやってもらうことで学ぶ授業となります。
教えている内容は、文部科学省の委託事業「イノベーション対話ツールの開発」で検討したものがベースとなっているので、こちらかみることができます。 
posted by しらぴー at 16:12| Comment(0) | デザイン思考

2020年01月03日

元旦の日経新聞にSynspectiveがでました

元旦の日経新聞第三部でSynspectiveが出ていました。宇宙ベンチャーの例としてStrix-αのCG画像とともに新井CEOのコメントも掲載されていました。今年は初号機の打ち上げもあるため、Synspectiveにとって大変重要な年となっています。

IMG_8945.JPG
posted by しらぴー at 00:46| Comment(0) | Synspective