2016年09月15日

アーキテクチャとアーキテクティング

アーキテクチャとは何か、アーキテクティングとは何か。よく聞かれるので簡単に説明をしておきたいと思う。
もちろん、アーキテクチャとは、もとともは建築物のことを指すものである。しかしながら、現在では、CPUのアーキテクチャや製品のアーキテクチャなどの言葉があるとおり、より広く使われるものである。
アーキテクチャとは、“システムと外界(コンテクスト)との関係”及び“システムを構成する要素とその要素間の関係”のことを指す。
慶應SDMでも価値交換のアーキテクチャを表すために価値連鎖分析(CVCA:Customer Value Chain Analysis)や、欲求のアーキテクチャを表す欲求連鎖分析(WCA : Wants Chain Analysis)なども使ったりする。

アーキテクティングとは、アーキテクチャを設計する行為をさして呼ばれるものである。一般的にアーキテクティングを説明すると、大きく以下の2つのポイントが重要となる。
•複数の視点(viewpoint)からシステムを見て、それぞれの視点における要素と要素間の関係をデザインする
•デザイン結果として見えるもの(view)の重ねあわせ(Allocation)を実施する
これをISO/IEC/IEEE 42010 Systems and software engineering – Architecture descriptionでは、以下のように示している。
つまり、対象となるシステム(System of Interest)にはアーキテクチャが存在する。また、対象となるシステムにはステークホルダ(Stakeholder)が存在する。そのステークホルダには関心事(Concern)があり、その関心事に対応した視点(Viewpoint)を設定することができる。その視点から見えるもの(View)が複数存在し、視点と視点から見えるものを集めたものがシステムのアーキテクチャの表現(Architecture Description)である。
具体的には、以下のように考えることができる。一般的な技術システムでは、ステークホルダとして、利用者と開発者が考えられる。利用者としてはどのように使うのか、どのような機能を持っているのかといったことが気になる。一方で、開発者としてはどのように機能を実現するかがきになると考えられる。このため、どのように使われるかの視点(運用視点:Operational Viewpoint)での設計(Operational View)と、どのような機能をどのようなサブ機能で実現するかの視点(機能視点:Functional Viewpoint)での設計(Functional View)と、どのようにサブ機能をハードウェアやソフトウェアで実現するかの視点(物理視点:Physical Viewpoint)での設計(Physical View)で考える。運用をどのような機能要素で実現し、機能要素をどのような物理要素で実現するかを重ねあわせによって決定する。これが一般的な技術システムにおけるアーキテクチャ設計である。同様なことを、組織の設計では、役割(役割視点)と組織(組織視点)で設計するなどによって実現できる。
System Architectureに関する名著としては、"the art of systems architecting"がある。この本では、ArchitectingはEngineeringよりもよりArt側の側面が強く、Science側の側面が弱いといっている。
実際、Architectingでは、解空間が広く、自由度が高いために、いわゆるセンスのようなものによるところが大きい。(もちろん、このセンスはある程度、後天的に身につけることが可能である)
System of SystemのArchitectureとなると、これまたいろいろな難しさがでてくるのであるが・・・・・
posted by しらぴー at 21:07| Comment(0) | システムズエンジニアリング

2016年08月29日

白坂研夏合宿

8/27, 28に、関学の千刈キャンプ場をおかりして、関学の玉田 俊平太先生のイノベーション研究会と合同の夏合宿をしました。これまでは、玉田先生と学生の方々が日吉にこられて、日吉で合宿をしていたのですが、今年は、白坂研が関西を訪問させていただきました。SDMから35名、関学から30名の合計65名というとても大きな合宿となりました。
玉田研側の幹事さま、白坂研の幹事さま、ともに本当におつかれさまでした。
おかげさまで大変楽しい、あっという間の2日間となりました。

1日目の午前中は、玉田先生のイノベーションに関する講義をしていただきました。さすが、クリステンセンから直接イノベーションについて学び、クリステンセンの書籍の翻訳をされている玉田先生。ポイントをわかりやすく端的に説明してくださるので、クリステンセンの伝えたいこと、玉田先生の考えるイノベーションの起こし方がすっと入ってきます。
_DSC3809.jpg

そのあとに白坂からシステムxデザイン思考がいまどのように発展してきているのかについて、2時間かけてお話しました。研究室の学生からも「最初はいつもの話かぁ〜と思っていたら、あっという間に聞いたことのない話になり、どんどん新しい内容がでてきてびっくりした」と言われました。はい。そうです。授業では、基礎的なことが多いですが、実践では応用が多いため、どうしても授業でやっている内容と、研究・実践でやっている内容は一致しないんですね〜。2時間ではすべてをお話することはできないのですが、それでも、授業よりは多くの部分をたっぷりお話できました。
_DSC3866.jpg

そして、夜にはBBQとキャンプファイヤー。その後、学生たちは翌日のディベートの準備。
_DSC3882.jpg
_DSC3888.jpg

2日目は、ディベート。テーマはUber。でもそこで終わらないところがさすが、玉田研。両チームとも、Uberの良い点、悪い点を隅から隅まで検討して、頭に入った状態で、ディベート後に、じゃぁ、どうする?というのをチームごとに検討。ここではシステムxデザイン思考を活用。各チーム、いろいろなことを知り、考えた後だからこと、リアリスティックに考えることができたようです。なかなか面白いアイデアを出すチームもありました。
_DSC3904.jpg

各チームの発表と講評後に、みんなで記念撮影。
_DSC3908.jpg
_DSC3912.jpg

その後、帰宅途中にみんなで昼食を食べてから、ゆっくりと東京に戻りました。
玉田先生、イノベーション研究会のみなさま、本当にありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。
_DSC3915.jpg



posted by しらぴー at 18:11| Comment(0) | SDM

2016年07月26日

慶應SDM メソドロジーラボ主催「『SDMの基礎』公開集中講座」申し込み開始

先日ご案内した、以下の公開集中講座の募集が始まりました!
以下の申し込みリンクから申し込みください!!



【概要】
慶應SDM “システムデザイン・メソドロジーラボ”が4月〜5月に在学生・修了生・共同研究先に対して実施している集中ゼミを、慶應SDM受験を検討している人向けに無料で体験していただける集中講座を開催いたします。4日間の集中講座となっており、この4日間を受けると、慶應SDMの基本的な考え方のかなりの部分を知ることができるようになっています。
【日時】
•10/23(日)10時〜17時:ロジカルシンキング/システムシンキング
•10/30(日)10時〜17時:モデリング基礎
•11/6(日) 10時〜17時:システムxデザイン思考
•11/13(日)10時〜17時:システムズエンジニアリング
   (11/13終了後には懇親会を行う予定です)
【講師】
白坂成功(SDM研究科 准教授)、五百木誠(SDM研究科 准教授) 他
【場所】
慶應義塾大学日吉キャンパス
【参加費】
無料
【定員】
50名
【申込み】
【申し込み期間】
9月30日
締め切り後1週間程度で、抽選結果を申し込み時に登録したメールアドレスに送信します。4回すべてに出席できる方を優先します。

084A1353.jpg
5月のゼミの様子1

DSC00149.jpg
5月のゼミの様子2

084A0542.jpg
5月ゼミの懇親会の集合写真

DSC00052.jpg
5月ゼミの参加者の集合写真


posted by しらぴー at 20:10| Comment(0) | SDM

2016年07月03日

〜『慶應SDM入学希望者のための白坂・五百木研 公開集中ゼミ』のご案内〜

〜『慶應SDM入学希望者のための白坂・五百木研 公開集中ゼミ』のご案内〜
慶應SDM 白坂・五百木研が4月〜5月に在学生・修了生・共同研究先に対して実施している集中ゼミを、慶應SDM受験を検討している人向けに無料で体験していただける公開集中ゼミを計画しています。
4日間の集中ゼミとなっており、この4日間を受けると、慶應SDMの基本的な考え方のかなりの部分をしることができるようになっています。
まだまだ先ではありますが、以下の日程となっていますので、可能性のある方は今から予定をブロックしておいてください。
但し、現在はまだ計画段階のため、変更となる可能性があります。

【受講条件】
  • 慶應SDMを受験し、入学しようと考えている
  • 4日間すべて受講が可能である(4日間参加可能な人から優先します。但し、EDGE受講生は一部バッティングがありますので、考慮いたします。)
  • 理系/文系のバックグランドは問いません

【日時】
  • 10/23(日)10時〜17時:ロジカルシンキング/システムシンキング
  • 10/30(日)10時〜17時:モデリング基礎
  • 11/6(日)10時〜17時:システムxデザイン思考
  • 11/13(日)10時〜17時:システムズエンジニアリング

いずれの日にも在校生・修了生・教員との入学に関する相談が可能です。
また、夕方から懇親会を開催する日があります。参加者には別途連絡いたします。

【場所】
慶應義塾大学日吉キャンパス

【申し込み締め切りと抽選】
申し込み先は今後出来次第公開いたします。
申し込み締め切り後、1週間以内に受講可否の連絡をメールでいたします。
申し込み締切日までに申し込みいただいた方から、50名の方を抽選で選び、受講していただきます。
抽選結果は、個別にメールにて回答いたします。

posted by しらぴー at 12:10| Comment(0) | SDM

2016年05月23日

白坂研集中ゼミ第5回目

白坂・五百木研の集中ゼミ5日目は、システムズエンジニアリングその2。その1では、主にVモデルの左側である、要求分析とアーキテクチャ設計を対象としましたが、その2では、残りの項目である、Vモデルの右側であるインテグレーション、Vモデルの真ん中の評価・解析、そして、Vモデルの下のマネジメントについておこないました。
DSC09947.jpg
もちろん最初はチーム名決めから。さすがに5回目ともなると、みなさん手慣れたものです。
DSC09945.jpg
まずはインテグレーションとV&Vについて、考えてもらいます。
DSC09972.jpgDSC09978.jpg
マネジメント部分の最初は五百木先生。WBSからスケジュールの作成までをざっと体験します。
DSC00084.jpgDSC00083.jpg
また白坂がバトンをうけとり、引き続きシステムズエンジニアリングとデザイン思考の特徴を考えたマネジメントのアプローチを体感してもらいます。
6W7A1682.jpgDSC00131.jpg

最終日ということで、参加者全員で記念撮影も。参加していただいたみなさん、5日間みっちりとお付き合いいただき、ありがとうございました!
みなさん、今年度もがんばりましょう! 
DSC00052.jpg
posted by しらぴー at 01:24| Comment(0) | SDM

2016年05月09日

白坂研集中ゼミ第4回目

第4回目の白坂・五百木研集中ゼミは、システムズエンジニアリングを学ぶ回です。システムズエンジニアリングは、慶應SDMの基本的な考え方となっているため、2回にわけておこないます。
DSC09329.jpg
言葉の定義やVモデルなど、システムズエンジニアリングの基本的な考え方のあとに、要求分析(要求定義)とアーキテクティング(アーキテクチャ設計)を、実際に手を動かしながら学びます。
DSC09221.jpg
アーキテクチャとは、“システムと外界(コンテクスト)との関係”及び“システムを構成する要素とその要素間の関係”のことを指しており、アーキテクティングとは、アーキテクチャを設計する行為をさして呼ばれるものとなります。システム設計の最も面白いところのひとつだとおもっています。
DSC09230.jpgDSC09373.jpg
慶應SDMでは、ステムデザイン・マネジメント序論という授業として、システムズエンジニアリングの基礎を学ぶとともに、コア科目の一つであるプロジェクトマネジメント、プロジェクト科目であるデザインプロジェクトとの関係性を学びます。また、システムズエンジニアリングの考え方が単にものづくりだけに使われるのではなく、あらゆるシステムを実現するためのアプローチであることを知識として理解したうえで、体感的に実感することを目的としています。
084A2674.jpgDSC09233.jpg
posted by しらぴー at 14:52| Comment(0) | SDM